高齢出産リスクとおすすめ葉酸サプリランキング

高齢出産のリスクとは

 

自然妊娠のために葉酸を摂る!

 

このごろ、妊娠をしたいと考えていたり妊娠をしているという女性から注目されている栄養素が葉酸です。妊娠初期のときに葉酸が足りていないと、胎児が神経系障害になってしまう危険性が高くなってしまうとされています。

 

妊娠する1ヶ月前〜妊娠後3ヶ月までに十分に葉酸を摂取するようにすることで、神経系障害を70%の確率で防ぐことができるというデータもあります。

 

そのため、厚生労働省でも、2000年から妊娠をしたい女性に対して、積極的に葉酸を摂取するように推奨をしています。また、2002年には、母子手帳でも葉酸を摂取することが必要だと記載されています。

 

遺伝物質であるDNAを作り出す時のサポートをしてくれるのが葉酸になっており、細胞を増殖させるために必要な存在です。

 

逆を言えば、葉酸が足りていなかったら、DNAが正常に細胞を複製させることが出来なくなってしまい、染色体異常の原因を作り出してしまうことだってあるのです。妊娠初期である妊娠2週〜4週のころというのは、おなかの中の胎児の細胞分裂が一番活発になっている時期になっています。この時期に葉酸が大量に必要になってしまうのですが、検査をしても妊娠5週目にならなくては見落とされてしまうということが多いです。

 

ですので、妊娠が分かる前から葉酸をしっかり摂取するようにしなくてはならないのです。なので、妊娠を望んでいるのであれば、妊娠していると分かってから葉酸を摂取するのではなく、妊娠が分かる前から摂取すようにしなくてはなりません。

 

葉酸をしっかり摂取することによって、神経管閉鎖障害といった先天性の障害や、受精卵を守ったり、流産しにくくしていくことも可能だといわれています。

 

緑黄色野菜には、葉酸が豊富に含まれていますから、普段から緑黄色野菜をしっかり食べることで葉酸を補うことも可能です。しかし、その食事で十分な量の葉酸を摂取することが難しいのでしたら、サプリメントで葉酸を摂取することも考えておいたほうがいいかもしれません。

更新履歴